ベテランの味と変革

2015年11月16日

11月だというのに毎日暖かい日が続いています。スタッフHです。

ある趣味の世界ではベテランの部類に入ってしまっているスタッフHですが、

ベテランというと聞こえがいいですが、いつしか現状のまま続けられたら・・・

という意識の中にいる自分を発見します。

要するに、道具についてもいろいろ変えてみるとまだまだ伸びるかもしれないのに、

変えてしまうことで現状維持できないのではないかと思い、ついつい変革よりも維持を選択してしまいます。

一緒に活動している若い人は現状維持よりも変革を好み、変革することで現状より良くなることを望んでいる姿勢に勉強させられます。

 

ふと、仕事に置き換えてみても、現状のままで満足する仕事は既に「仕事」ではなく「作業」になってしまっており、

スリム化・単純化・効率化等を考え続け実践してこそ「仕事」なので常に効率よくできることを考えないといけません。

新社会人の研修にも良く出る「提案と実施」ですね。

効率を考えて「提案」しても上司からつぶされることもありますが、残念なことにきっとその上司は変革を好まない「ベテラン」になってしまっているかもしれません。

「提案」を受け入れられる自分になれるよう、また「提案」を自分でも考え「実践」できる自分でいられるよう心がけたいところです。

とはいえ、いざ趣味の世界では現状維持を選んでしまう自分に愕然としてしまったり、趣味なのだからいいではないかを思ったり。若干複雑な思いです。

そんな中でも、私を超える超ベテランさんが、ご自分なりに良い結果を出され(それは周りからすると低い結果ではあるのですが)すごく喜んで帰られたのが印象に残りました。変革もいいけど維持のなかでも喜びがあり、喜ぶ姿に「味」を感じた一日でした。

 

趣味の世界も仕事も伝統と変革のほどよいバランスが大事です。

もし宜しければ、最後にこの記事が役に立ったと思えば「いいね」をクリックしてください。

(3 いいね )
Loading...