訪問介護(看護)用身分証をお考えの介護支援事業者様

高齢化が進み介護事業が活発になっている中、利用者が安心して指定訪問介護の提供を受けられるよう、介護訪問の際、身分証の携帯をすすめる都道府県が増えています(下記概要参照)
介護事業運営開始に伴い、訪問介護事業者様より「早急に名札が必要」「今月中に作りたい」等の相談が増えています。必要に迫られても、デザインを考えるのに時間がかかってしまったり、忙しくそんな余裕もないというのが現状ではないでしょうか。

カーデックスでは、そんな忙しい事業者様にご利用頂ける、社名・氏名等を入力してその場で仕上がりイメージをプレビューできる名札専用テンプレートをご用意しております。
じっくりデザインを考えている時間がない、取り敢えず名札が必要。という事業者様にご利用頂ければ幸いでございます。

訪問介護身分証携帯概要

介護保険の訪問介護は、在宅介護といういわば密室的な空間においてサービスを提供しており、利用者が安心して指定訪問介護の提供を受けられるためにも、事業者は、訪問介護等に身分を明らかにする証書や名札等を携行させ、初回訪問時及び利用者又はその家族から求められたときには、これを提示する必要がある。
この証書等には、次の内容を記載することが望ましい。

  1. 〔1〕当該指定訪問介護事業所の名称
  2. 〔2〕当該訪問介護員等の氏名
  3. 〔3〕当該訪問介護員等の写真の貼付や職能

訪問介護用身分証テンプレートの料金を見る

テンプレートはこちら

テンプレート選択(画像をクリックするとプレビューページへ移動します)

下記よりご希望のテンプレート画像をお選び下さい。

※デザイン・文字の配置等変更は不可ですが、その分版代を抑え安価でのご提供が可能です。
事業所名・資格等を入力して実際の仕上がりプレビューをご覧頂き、そのままご注文いただける簡単テンプレートです。