飄々と

2015年2月17日

当サイトにお越し頂きありがとうございます。スタッフHです。

日差しが春になったかと思うと花粉が飛び出しましたね。

花粉症の方にとっては憂鬱な季節でしょうか。でも徐々に日が延びてるのを感じます。

 

先日所用があり高知へ行って参りました。

用事が早めに済み、まだ外が明るかったので桂浜まで足を伸ばしてきました。

20150207165959_p

夕暮れなので若干暗い写真になってしまいましたが。

日暮れ間近だったこともあり、人はまばらでゆっくり浜辺を堪能することができ、観光地へ行くならこの時間がベストだな。

などど思った次第です。

また、日頃目にしている瀬戸内とは違い、太平洋は荒々しい印象でした。

20150207165006_p

高知といえば、坂本龍馬ですね!

現在大河ドラマでも幕末ものをやっていますが、幕末の話はほんとうにおもしろく、

本を読んでいても飽きません。

幕末に登場する人物のなかでも、やはり坂本龍馬が一番好きなのですが、

龍馬のように誰になんといわれようと自分のなすべきことを飄々と行っていく、そんな強い精神があれば。。。なんていつも思います。

数年前の大河ドラマで「新撰組」をやっていとき、知り合いの10代の少年が、ドラマに感動し「あのように太く短く生きたい!」と言っていたことを思い出しました。

幕末のドラマが当たる要因はそんな若者のあこがれもあるのかもしれませんね。

私的には「太く長く生きたいですけど」(^^ゞ

そんな精神では「飄々と。。。」は無理ですかね。

 

それはそうと、

高知市内で路面電車に乗ると時刻表の裏に「船中八策」ならぬ「電中八策」と記載があり、

den

路面電車にのる際の心得、「運転士がイケメンでも後部から乗車するべし」「好みの運転士だとしても速やかに降車するべし」など

プッ!と吹き出しそうな内容がかかれていました。

観光地を巡るのもいいものですが、町中にある地域独特のおもしろスポットなどに目を向けるのも楽しいなと思った休日でした。

 

もし宜しければ、最後にこの記事が役に立ったと思えば「いいね」をクリックしてください。

(3 いいね )
Loading...